阪神・喫茶店の残像(野上・琴電・京福)

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/hsr31.htm

html/hsr32.htm

html/hsr33.htm

html/hsr34.htm

'70-12-20 野上 日方
クハ201 (元861形874)

'71-8-11 琴電 瓦町
27 (元881形881)

'71-8-11 琴電 今橋
39,38 (元881形901,890)

'74-8-18 京福 福井口
ホクハ32 (元861形875)





 阪神851・861・881形は、前面貫通扉が縦長のガラス張り折戸
 で、”喫茶店”の愛称で親しまれた小型車群である。
 1954年の3011系大型高性能車登場以降に急速に廃車または
 中小私鉄への譲渡が進み、1966年には全廃となってしまった。

 私は阪神間に住みながらも阪急沿線だったので、残念ながら
 遂に阪神小型車に乗る事は無く(見た記憶も曖昧である)、
 上記の地方私鉄めぐりの際に漸く対面する機会を得た。
 
 野上へ行った車両は殆ど使用される事無く、1974年に廃車と
 なった模様である。
 京福(福井)では1974年の勝山〜京福大野間廃止時に廃車、
 琴電では1976年の長尾線昇圧時までに全車廃車となった。

   ← 
'74-8-18 京福 福井口 ホクハ32 (元861形875)