一畑電鉄(1)-想い出のカラー

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/ibr11.htm

html/ibr12.htm

html/ibr13.htm

html/ibr14.htm

'75-12-26 平田市
クハ100形 クハ102
(元西武 クハ1230形)

'81-9-5 川跡
デハ1形 デハ3

'81-9-5 川跡
デハ20形 23(元デハ1形)

'81-9-5 松江温泉
旧デハ60形 62(元西武モハ221形)
デハ70形 71(元西武モハ300形)




  '75-12-26 平田市 デハ10形 11


 一畑電鉄は、松江市の北部に位置する松江温泉駅
 を起点に、宍道湖北岸から出雲平野を快調に駆け
 抜け、出雲大社や出雲市に至る全長42.2kmのロー
 カル色溢れる路線である。
 オレンジに白帯塗色は手動ドア車、クリームに青帯
 塗色はドアエンジン装備車と、区別されていた。

 以前から西武色が強く、車両の殆どが元西武車で
 占められていたが、最近では元京王や南海の車両
 に置き換わり、旧型車はイベント列車で残っている
 に過ぎない。

 
(旧型車全盛期のモノクロの画像は下記をご覧下さい)
       ”一畑電鉄(2)-旧性能車”