伊豆急行

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/izukyu11.htm

html/izukyu12.htm

html/izukyu13.htm

html/izukyu14.htm

'76-12-29 伊豆大川
クモハ110形 116 他6連

'75-8-2 熱海
クハ150形 151 他8連

'86-5-2 伊豆高原
クハ150形 151 他2連

'86-5-2 伊豆高原
ED25形 2511
(元国鉄 ED301)

 

'86-5-2 伊豆高原 クハ150形 159他



 
 伊豆急行は'61年に開業した比較的新しい線区で、
 伊東線と接続する伊東から伊豆半島を東海岸沿い
 に南下し、幕末開港の歴史を持つ港町である下田
 に至る45.7km長の路線である。

 開業時に新造された100系は、伊東線相互乗入の
 ため国鉄と規格を合わせたクロスシート、カルダン
 駆動の20m車であった。

 観光路線に相応しくグリーン車や食堂車も登場し、
 ハワイアンブルーの濃淡塗り分けの颯爽たる姿で
 話題をさらったが、新車リゾート21やJR東日本から
 の譲渡車の増備で、'02年には全車引退した。

 現在、クモハ100形 103号車が伊豆高原の車両
 基地内入換用に事業用車として健在である。



     ← 現在のクモハ100形 103号車
         ('05-8-21 伊豆高原)