京福電鉄(福井)(1)−想い出のカラー

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/kfrf11.htm

html/kfrf12.htm

html/kfrf13.htm

html/kfrf14.htm

'82-3-7 福井
モハ2001形 2001+2002
(元南海モハ1201形)

'82-3-7 福井口
モハ1101形 1101
(元阪神5101形)

'82-3-7 勝山
モハ3001形 3002+3001
(元南海モハ11001形)

'84-4-30 三国港
モハ2101形 2101+2102
(元阪神5231形)
モハ281形 281+282
(元東急デハ3300形)




'84-4-30 三国港
モハ2001形 2002+2001
(元南海モハ1201形)



 京福電鉄(福井鉄道部)は、越前ガニで有名な東尋坊・
 越前海岸や芦原温泉、永平寺等の観光拠点と、県庁
 所在地福井市を結ぶ59.2kmの路線網を有し、福井県を
 代表する私鉄である。
 車両に関しては、以前から大手私鉄からの購入車が中
 心を占め、旧南海の車両や、旧阪神のジェットカー車体
 をうまく2扉化改造した車両など、関西出身の私にとって
 非常に馴染み深い。
 
 日本最古参の機関車テキ6等を始め貴重な車両が多い
 が、周知の通り、厳しい経営状況に加え、'00年と'01年
 に連続した大事故により営業休止に至った。その存続
 が絶望視されていたが、第三セクター「えちぜん鉄道」
 に引き継がれ、'03年より営業運行を再開した。

    ('74年8月の様子は下記アルバムをご覧下さい)
       "京福電鉄(福井)(2)−74年8月"
   "京福電鉄(福井)(3)−74年8月・電気機関車"