小湊鉄道

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/komir11.htm

html/komir12.htm

html/komir13.htm

html/komir14.htm

'75-8-5 五井
B10形 B104
(元日本鉄道94、ピーコック製)

'75-8-5 五井
キハ5800形 5801
(元三信デ303)

'75-8-5 五井
キハ6100形 6101
(元青梅モハ104)

'75-8-5 五井
キハ200形




 
 小湊鉄道は、京葉臨海工業地帯の中心五井と上総中野間39.1km
 を結ぶローカル非電化路線である。名称通り、外房線安房小湊と
 を結ぶ房総半島縦断線として計画されたが建設難で断念し、国鉄
 木原線(現いすみ鉄道)と接続して横断線を形成している。
 
 '75年訪問時には、'50年代まで使用されたピーコック製SLボー
 ルドウィン製SL
が五井の車両基地に雨ざらしの状態で片隅に置
 かれていた。買収国電を気動車改造したという珍しいキハ6101
 キハ5801は、予備車的存在で庫内で休んでいた。
 
 現在は、国鉄キハ20系を基本に正面は京成3200系と類似なキハ
 200形
に統一され、養老渓谷を訪れる行楽客にローカルムード溢
 れる昔ながらの沿線風景を楽しませてくれる。

    ←  '75-8-5 五井 No.1 (ボールドウィン製 1C1形)