松本電鉄

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/mer11.htm

html/mer12.htm

html/mer13.htm

html/mer14.htm

'75-4-29 新村
クハ10形 102

'75-4-19 新村 ED30 301
(信濃デキ3→国鉄→岳南→西武)

'75-4-29 新村
クハ10形 102

'75-4-29 松本
モハ10形




'75-4-29 新村 モハ10形+クハ10形

 
 松本電鉄はJRの西側に隣接した松本駅を起点に、
 上高地・乗鞍方面への玄関口である新島々までを
 結ぶ14.3kmの観光アクセス鉄道である。
 上記に紹介した'75年頃は、岳南や新潟等でも見ら
 れる日車標準車体の10形車両(木造車を'58年〜
 '63年に車体改造)に統一され、多くのアルピニスト
 を運んでいたが、近年はマイカーや観光バスの普
 及で見通しは厳しい。

 新村車庫には国電の始祖と言われる元甲武鉄道
 出身のハニフ1形が保存されていた模様だが、残
 念ながら当日は拝見できなかった。
 長らく主力として活躍した10形も、'86年には1500V
 昇圧と共に元東急5000系ワンマン車に置き換えら
 れ、更に'99〜'00年には元京王井の頭線3000系に
 入れ替わった。