秩父鉄道(1)−電気機関車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/ctk11.htm

html/ctk12.htm

html/ctk13.htm

html/ctk14.htm

'74-11-6 熊谷
デキ1形 2号機

'74-11-6 熊谷
デキ1形 7号機

'74-11-6 熊谷
デキ100形 104号機

'74-11-6 熊谷
デキ200形 202号機




'74-11-6 熊谷 ED38形 3号機
(元阪和 ロコ1003)


 
 秩父鉄道は、東武伊勢崎線と連絡する羽生から
 北埼玉の主要都市を結んで奥秩父の入口である
 三峰口へ至る71.7kmの本線と、熊谷貨物ターミナル
 への貨物専用線7.6kmから成る電気鉄道である。

 西の三岐鉄道と並び貨物輸送を主力とし、沿線
 に点在する工場と石灰石採掘場所とを結ぶ鉱石
 列車とセメント輸送列車に活気が見られる。

 輸送システムの変革に伴い貨物輸送量も漸減し、
 上記に紹介した電気機関車も戦前製の小型機を
 中心に廃車が進んだ。現在では日立製標準箱型
 50ton電機に統一され、19両が活躍している。

  (当時の電車は下記アルバムをご覧下さい)
     "秩父鉄道(2)−想い出の電車"