秩父鉄道(2)−想い出の電車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/ctk21.htm

html/ctk22.htm

html/ctk23.htm

html/ctk24.htm

'74-11-6 寄居
100系 デハニ100形 他4連

'74-11-6 熊谷
100系 クハニ20形 他3連

'74-11-6 熊谷
300系 3連
デハ304+サハ352+デハ303

'80-7-20 御花畑
800系 クハ853 他4連
(元小田急1800系)




'80-7-20 御花畑
500系 デハ503 他4連


 
 秩父鉄道は埼玉県北部の各都市と秩父を結び、各接続路線
 から直通列車が乗り入れて来る観光路線であった。現在でも
 SL列車"パレオエクスプレス"を走らせ、人気がある。
 上記に紹介した頃は、800系を除き生え抜きの車両が活躍して
 いたが、その変遷は激しくこれらの車両は一掃されてしまった。

 100系は、電化初期から活躍していたデハ10形木造車の鋼体
 化名義の半鋼製更新車であった。800系は、元国鉄モハ63形
 の小田急1800系であり、これら旧性能車は、'86年以降に譲渡
 された1000系(旧国鉄101系)に置き換えられた。

 300系は、正面二枚窓、クロスシートの全金属カルダン駆動車
 で、当線の代表車種として有料急行「秩父路」号に運用された
 が、'92年には3000系(旧JR東日本165系)にその道を譲った。
 500系は、300系に準じたロングシート車で観光・通勤兼用車
 として使用されたが、'92年の2000系(旧東急7000系)導入時
 に廃車となった。
 
    (当時の電気機関車は下記アルバムをご覧下さい)

           "秩父鉄道(1)−電気機関車"