秩父鉄道(3)−80年7月

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/ctk31.htm

html/ctk32.htm

html/ctk33.htm

html/ctk34.htm

'80-7-20 御花畑〜影森
800系 クハ852 他4連
(元小田急1800系)

'80-7-20 羽生
100系 クハニ20形 他4連

'80-7-20 御花畑
500系 デハ509 他4連

'80-7-20 御花畑〜影森
800系 デハ801 他4連
(元小田急1800系)




'80-7-20 御花畑〜影森
500系 デハ503 他4連


 
 '80年7月に訪問した秩父鉄道の様子を紹介する。
 この日は西武秩父線を利用して、西武秩父駅から御花畑駅へ
 徒歩約5分で乗り換えたと記憶する。西武秩父駅との連絡線が
 つながり西武からの乗入れが開始される前の時点なので、未だ
 御花畑駅は1面1線の単純なホーム配置の駅であった。

 上記に紹介した頃は、生え抜きの車両以外に小田急から譲渡
 された800系も含め、全ての車両はこの路線オリジナルの茶色の
 ツートンカラーで活躍していた。
 800系は元国鉄モハ63形の小田急1800系であり、戦後復興の
 名目で運輸省から各大手私鉄に標準型電車として割当られて
 供給された車両であり、小田急時代に幾度もの更新で各部が
 近代化されていたので、モハ63形当時の面影は既に無かった。

 '86年以降に導入された元国鉄101系の1000系と置き換えに
 旧性能車は廃車となり、塗装色も黄色主体に改められた。

     ('74年11月の様子は下記アルバムをご覧下さい)

           "秩父鉄道(2)−74年11月"