阪堺電気軌道

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/hankai11.htm

html/hankai12.htm

html/hankai13.htm

html/hankai14.htm

'83-8-14 住吉
モ121形 121

'83-8-14 住吉
モ121形 125

'83-8-14 住吉
モ121形 125

'83-6-26 南霞町
モ121形 122




'83-8-14 住吉 モ151形 151

 
 阪堺電気軌道は元は南海電鉄大阪軌道線と称し、'80年に南海
 から分離独立した。大阪市南部と堺市を結び、阪堺線と上町線
 より構成される18.7km長の大阪唯一の路面電車である。

 上記に紹介した当時は、ダークグリーン一色にニス塗りの窓枠
 を施したモ121形が活躍していた。この車両は元大阪市電1601
 形であり、大阪南の下町風景に溶け込んでいたが、'96年以降
 には車体と台車を新製し、冷房車モ601形に生まれ変わった。
 その後、一時期はカラフルな広告塗装電車が大勢を占めたが
 現在ではライトグリーンに白線の標準色が増えてきている。

 2002年にはモ161形162号車と163号車が旧塗装に復元された
 が、実はファンの方が私費で広告料を支払って実現した車体
 広告
である。

     復活旧塗装のモ161形162号車
           ('05-4-3 住吉鳥居前)はコチラ


  (南海平野線の様子は
"南海電鉄・平野線"をご覧下さい)