広島電鉄(3)−市内線

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/hirode31.htm

html/hirode32.htm

html/hirode33.htm

html/hirode34.htm

'75-2-27 広島駅前
1150形 1155
(元神戸市電1150形)

'79-3-28 観音町
600形 601
(元西鉄北九州線500形)

'75-2-27 原爆ドーム前
750形 753
(元大阪市電1601形)

'79-3-28 紙屋町
1150形 1157
(元神戸市電1150形)

html/hirode35.htm

html/hirode36.htm

html/hirode37.htm

html/hirode38.htm

'75-2-27 広島駅前
750形 770
(元大阪市電1801形)

'79-3-28 十日市町
900形 908
(元大阪市電2601形)

'79-3-28 原爆ドーム前
750形 769
(元大阪市電1801形)

'79-3-28 己斐
1900形 1908
(元京都市電1900形)



'79-3-28 十日市町 570形 580
(元神戸市電500形)


(宮島線への直通車両については       
"広島電鉄(1)-宮島線直通車"
               をご覧下さい)

 
 広島電鉄市内線は、6路線8系統、計19kmの路線網
 を持ち、直通する宮島線と合わせて路面電車として
 は我が国最大の規模を誇る。
 上記には、軽快電車が導入される以前の'70年代の
 様子を紹介する。

 当時は未だ非冷房であったが、全国各地から譲渡
 された色とりどりの車両に溢れ、市内は活気に満ち
 ていた。特に大阪、神戸、京都と関西の三大市電の
 元気な姿が見られるので、関西出身の私にとっては
 非常に親近感を覚える路線であった。

 これらの旧型車も、近年の超低床式車両など相次ぐ
 新車の増備に伴い急速に廃車が進み、健在な車両
 は残り少なくなって来ている。