伊豆箱根鉄道 駿豆線

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/izhkr11.htm

html/izhkr12.htm

html/izhkr13.htm

html/izhkr14.htm

'74-11-7 三島
1000系 2次車
クハ2002+モハ1004+モハ1003

'74-11-7 大場
1000系 2次車
クハ2002+モハ1004+モハ1003

'74-11-7 大場
1000系 1次車
モハ1002+サハ2001+モハ1001
(左は153系乗入急行)

'76-12-29 修善寺
モハ64+サハ83+モハ65
(元国鉄 クハ16
+クハニ19+クハ16)

 


'74-11-7 大場
モハ52+クハ71+モハ53
(元国鉄 クハ16+サハ48+モハ50)


 
 伊豆箱根鉄道駿豆線は、東海道線三島を起点
 に中伊豆の温泉群を結んで修善寺に至る19.8
 kmの路線であり、1897年に軽便蒸気鉄道として
 開業した豆相鉄道を起源とする。
 '48年から国鉄週末準急が乗り入れ、現在では
 185系特急「踊り子」が走り、観光客輸送と線内
 通勤・通学輸送の両方の機能を兼ね備える。

 上記に紹介した当時は戦災復旧国電が数多く
 残っており、体質改善のため自社発注車1000系
 が増備されると共に、次第に大雄山線へと玉突
 き式に転属して行った。

 その後、旧西武501系、701系の譲渡に続き、第
 二世代の自社発注車3000系、7000系の登場に
 より、全車高性能化が図られた。