片上鉄道(1)−想い出のカラー

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/kgr01.htm

html/kgr02.htm

html/kgr03.htm

html/kgr04.htm

'79-3-27 片上
キハ700形 703
(元国鉄 キハ07形)

'85-4-27 柵原
キハ300形 303
(元国鉄 キハ41000形)

'85-4-27 和気
キハ700形 702
キハ300形 303

'89-8-12 片上
キハ300形 303
(元国鉄 キハ41000形)




'79-3-27 和気
キハ700系 702 (元国鉄 キハ07形)



 片上鉄道は、同和鉱業の柵原鉱山から備前市片上
 まで鉱石輸送を担っていた鉄道であるが、1991年に
 は惜しくも廃止されてしまった。

 キハ04形や07形の古典気動車がヘッドマークも誇ら
 しげに美しい沿線風景の中を走り、旧型客車を牽引
 した混合列車も運用されるなど、バラエティに富んだ
 鉄道であった。

 その後、訪問する機会は無いが、現在も「柵原ふれ
 あい鉱山公園」で動態保存がなされていると聴くの
 は嬉しい。

  ('75年8月の様子は下記アルバムをご覧下さい)
       "片上鉄道(1)−片上・75年8月"