総武流山電鉄(2)−74年11月

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/ngrr21.htm

html/ngrr22.htm

html/ngrr23.htm

html/ngrr24.htm

'74-11-5 流山
モハ102(元南武 モハ115)
モハ105(元南武 モハ113)

'74-11-5 流山
モハ103(元南武 モハ106)

'74-11-5 流山
DB-1

'74-11-5 流山
モハ101(元南武 モハ107)

html/ngrr25.htm

html/ngrr26.htm

html/ngrr27.htm

html/ngrr28.htm

'74-11-5 流山 クハ51
(元豊川 クハ62)

'74-11-5 流山
ワ202

'74-11-5 流山 モハ1001
(元武蔵野 デハ1321)

'74-11-5 流山 クハ52
(元武蔵野 クハ1215)



     
      '74-11-5 流山 モハ101
       (元南武 モハ107)



 総武流山電鉄は、1914年に営業開始したSL牽引
 の軽便鉄道をルーツとし、その後の改軌やガソリン
 動車運行の変遷を経て、'49年に1500V電化されて
 現在に至っている。

 上記には、'74年11月の初訪問の様子を紹介する。
 この時は、ドリーム号に揺られて上京し、真っ先に
 流山を目指したもののあいにくの雨天で、構内に
 居並ぶ車両群をさっと撮り引き上げた記憶がある。

 この頃は未だ'49年電化時に導入された2扉半鋼の
 15m級小型車であるモハ101形が主力であり、全車
 統一のオレンジに白帯の塗装色が似合っていた。

('80年7月の再訪問の様子は下記アルバムをご覧下さい)
      "総武流山電鉄(1)−80年7月"