大井川鉄道(1)−74年8月

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/ohir11.htm

html/ohir12.htm

html/ohir13.htm

html/ohir14.htm

'74-8-27 金谷
モハ306+クハ506
(元富士身延モハ110+三信デ305)

'74-8-27 金谷
”しらさぎ”号 クハ6061+モハ6011
(元北陸 クハ6061+クモハ6011)

'74-8-27 新金谷
”あかいし”号 クハ6051+クハ6052
(元北陸 クハ6051+クモハ6001)

'74-8-27 新金谷
クハ2829+モハ3829
(元名鉄 3800系)

 


'74-8-27 新金谷 ”すまた”号
クハ510+モハ310 (元名鉄 ク2805+モ3805)

 側面のすまたマークはこちら

 
 大井川鉄道は、東海道本線金谷駅を起点に大井
 川に沿って北上し、木材運搬鉄道と、南アルプス
 や寸又峡温泉を訪れる観光客輸送の役割を担っ
 ていた。

 上記に紹介する頃は、'76年からC11による本線上
 のSL運転を開始する前の様子であるが、当時から
 バラエティに富む私鉄電車の名車を集め、”生きた
 電車の博物館”の様子を呈していた。
 新金谷の車庫には、後に千頭〜川根両国間にて
 動態保存機として運転されたコッペル製1275号機
 (元日本ステンレス直江津工場)が眠っていた。

  ('87年2月再訪問の様子は下記アルバムをご覧下さい)
    ”大井川鉄道(2)−新金谷 87年2月”