山形交通(1)−高畠線

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/yama11.htm

html/yama12.htm

html/yama13.htm

html/yama14.htm

'74-8-21 糠ノ目
モハ1(旧デハニ1)

'74-8-21 高畠
モハ4(元西武クモハ156)

'74-8-21 高畠
元尾花沢線ハフ3(元西武)

'74-8-21 高畠
ED2(元鳳来寺デキ50)

 


'74-8-21 高畠駅構内

 
 山形鉄道高畠線は、奥羽本線糠ノ目(現高畠)〜
 高畠間を結ぶ5.2kmのミニ路線であった。
 水害のため'66年(昭和41年)以降、路線は半減
 しており、近隣の温泉地である赤湯に直行する
 バスの便も良いため、私が訪問した直後の'74年
 (昭和49年)11月には、国鉄左沢線羽前高松から
 出ていた三山線と共に廃止となってしまった。

 車両は、電化時からの小型車や西武系からの購
 入車等ユニークな車両が多く、高畠駅の格調高
 い石造りの駅舎(左写真参照)が珍しかった。

 (三山線は"山形交通(2)-三山線"をご覧下さい)