別府鉄道(2)−74年3月

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/befu21.htm

html/befu22.htm

html/befu23.htm

html/befu24.htm

'74-3-7 別府港
キハ2(初代)

'74-3-7 別府港
ワ1形 124 (元鉄道省ワフ3090)

'74-3-7 別府港
DC301 (元江若DC301)

'74-3-7 別府港
DD1351 (元江若DD1351)

html/befu25.htm

html/befu26.htm

html/befu27.htm

html/befu28.htm

'74-3-7 別府港
ハフ7 (元三岐ハフ16)

'74-3-7 別府港
ハフ5 (元三岐ハフ14)

'74-3-7 別府港
キハ2(二代目) (元三岐キハ5)

'74-3-7 別府港
キハ101 (元片上キハ301)




 '74-3-7 別府港 (左)ハフ7 (右)キハ2


 '74年3月に別府鉄道を訪問した様子を紹介する。
 山陽の電鉄別府駅で下車すると高架下に野口線
 の線路が見え、線路に沿って徒歩数分で別府港
 駅に到達する事が出来た。
 トタン板で囲まれた中には機関区があり、内部を
 見学すると、そこにはまるで何十年も昔の世界に
 戻ったかの様な空間が存在していた。
 
 野口線ではキハが単行で、土山線にはDL牽引の
 貨物列車の最後に申し訳程度にハフが連結され
 て運行され、夢中でシャッターを切った覚えがある。 

 
  ('83年5月の様子は下記アルバムをご覧下さい)
        "別府鉄道(1)−83年5月"