高松琴平電鉄(1)−瓦町 71年8月

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/kotor11.htm

html/kotor12.htm

html/kotor13.htm

html/kotor14.htm

'71-8-11 瓦町
30形 28+27
(元阪神 881形 902、881)

'71-8-11 瓦町
60形 62
(元東急 デハ5105)

'71-8-11 瓦町
820形 820+8000形 810
(元豊川 クハ102+クハ101)

'71-8-11 瓦町
1020形 1022+1021
(元名鉄 3700系)




'71-8-11 瓦町 5000形 500

(当時の仏生山の風景は下記をご覧下さい)

"高松琴平電鉄(3)−仏生山 71年8月"

 
 四国第一の都市高松から3方に路線が延びる高松
 琴平電鉄は各々生い立ちが異なり、生え抜きの古豪
 から買収国電に各社からの譲渡車と、個性豊かな
 車両達が活躍していた。上記には琴平、志度、長尾
 線が交わる瓦町駅の'71年8月の風景を紹介する。

 長尾線は未だ600Vで独特の貫通扉を有する30形
 ”喫茶店”が主流を占めていた。志度線は瓦町で向
 きを変えて高松へ向かうので、高松築港〜瓦町の
 複線区間では高頻度運転を誇っていた。
 現在は駅ビルの下に潜り、志度線のホームも遠く分
 断され様相が一変してしまったが、この頃は次々と
 発着する古典電車の撮影には格好の場であった。

  
(当時の志度線・長尾線の車両は下記をご覧下さい)
    "高松琴平電鉄(2)−志度線・長尾線"