岡山電気軌道(2)−75年8月

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/okadk21.htm

html/okadk22.htm

html/okadk23.htm

html/okadk24.htm

'75-8-18 岡山駅前
2000形 2001
(元呉市電 800形)

'75-8-18 東山
2000形 2002/3800形 3802
(元名古屋市電 1550形)

'75-8-18 東山
2600形 2601
(元呉市電 600形)

'75-8-18 東山
3000形 3004
(元東武日光軌道線100形)




'75-8-18 岡山駅前 2500形 2501
(元呉市電 700形)


 
 桃太郎と吉備団子で知られる文化都市である岡山
 では、短い路線ながらも明治の創業以来、民営の
 岡山電気軌道が路面電車の運行を継続させている。

 長らく単車だけで運行していたが、体質改善のため、
 '60年代後半から'70年代に掛けて各地で営業廃止
 となった路線(秋田、呉、名古屋の各市電と、東武
 日光軌道線や大分交通)から大型ボギー車を譲り
 受け、'72年には全車ボギー車に統一した。
 
 紹介した'75年の訪問時には、上記のオール中古車
 で営業していたが、'80年以降は順次、これら車両の
 機器は一連の7000系列新造車シリーズに流用され、
 3000形を除いて廃車となった。
 
 
      (3000形は下記アルバムをご覧下さい)
         "岡山電気軌道(1)−3000形"